組織概要

一般社団法人 WebDINO Japan は、オープンウェブプラットフォームの領域拡大とウェブ技術による相互接続環境の社会実装を通じて、インターネットの環境基盤に貢献することを目的とした非営利法人です。ブラウザーやウェブ技術の導入支援や実装、コンサルティングを中心に、ウェブやオープンソースに関する普及活動、研究・教育活動にも取り組んでいます。

役員

代表理事メッセージ

瀧田 佐登子

弊社は、2004 年の設立以来、一貫して「インターネットはオープンで、すべての人がアクセス可能な公共の資産であるべき」という Mozilla プロジェクトの掲げるミッションを礎に、オープンソース、ウェブ標準技術の推進、OSS コミュニティ支援に努めてまいりました。

日本の非営利法人として活動をスタートさせてから、この 10 年余りの間、インターネット、そしてウェブを取り巻く環境は大きく変化し、今では利用者だけでなく、開発者を含む提供者側の意識や知識、常識も多様性を極めています。

通信・制御・アプリの共通言語としてウェブプラットフォームが大きく注目を浴びる今、新たなフェーズへと進むウェブの未来と共に、2017 年 7 月より、組織の名称を WebDINO Japan と改め、新たなステージへと進みます。

新組織名には、ウェブの「多様性 = Diversity」「国際化 = Internationalization」「中立性 = Neutrality」「公開性 = Openness」という意味を込めました。これまでもそしてこれからも、ミッションであるこの想いを大切に、産官学、そしてコミュニティをつなぐハブとして、これまで以上により広い視野でウェブ技術利用やオープンイノベーションの拡大をリードして参ります。

理事

  • 伊藤 穰一米マサチューセッツ工科大学 (MIT) メディアラボ 所長
  • 喜多 伸夫サイオステクノロジー株式会社 代表取締役社長
  • 砂原 秀樹慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授
  • 中村 素典国立情報学研究所 学術基盤推進部 学術基盤課 学術認証推進室 特任教授

監事

  • 鈴木 信行有限会社テクニカルアーツ 管理部 部長

組織の沿革

  • 2004 年 7 月
    有限責任中間法人 Mozilla Japan 設立 — Mozilla プロジェクトを代表する米国 Mozilla Foundation の日本支部として非営利法人 Mozilla Japan を発足。Mozilla 製品の日本語版提供や国際化に取り組むとともに、Mozilla の理念、製品および関連技術の普及啓蒙、マーケティング、コミュニティ支援を目的とした活動を開始。
  • 2006 年 7 月
    初代 代表理事 相磯秀夫氏に代わり、瀧田佐登子が代表理事に就任
  • 2007 年 7 月
    オフィスを東京都千代田区麹町 (GN 安田ビル) へ移転
  • 2008 年 7 月
    中間法人法の廃止に伴い、一般社団法人へ法人格を変更
  • 2013 年 3 月
    オフィスを東京都港区六本木へ移転
  • 2017 年 2 月
    オフィスを東京都中央区日本橋富沢町へ移転
  • 2017 年 6 月 30 日
    社名を一般社団法人 WebDINO Japan へ変更

これまでの主な活動

2006 年 〜 オープンソースプロジェクト教育

2006 年の文部科学省「先導的 IT スペシャリスト人材育成推進プログラム」採択「先端 IT スペシャリスト育成プログラム」における産学 NPO 連携研究教育プログラムへの参画以降、全世界の優秀なエンジニアが結集するオープンソースプロジェクトに関わることで、世界に通用するスキルを習得させる教育活動を展開。

2006 年 Firefox を応援する日本のマスコットキャラクターフォクすけを発表

「クール (知的、冷静、かっこいい)」というイメージで捉えられることの多かった Firefox にもっと親しんでもらえるよう、世界初の Firefox 応援マスコットキャラクター「フォクすけ」をコミュニティの貢献者とデザインし、クリエイティブ・コモンズライセンスとして公開。

2006 年 〜 2015 年 Firefox Developer Conference

ウェブ開発者、アドオン作者や熱心な Mozilla 製品ユーザーを対象として、Mozilla とウェブ標準の最新技術情報を共有するカンファレンスを 2006 年から 2015 年までの 10 年間実施。

2007 年 Mozilla 24

「未来のインターネットをよりエキサイティングなものにするアイデア」をコンセプトに、人工衛星によるインターネットを通じて日本・欧州・米国など世界各地の Mozilla コミュニティをリアルタイムに中継してつながる 24 時間連続イベントを開催。

2008 年 Firefox の灯

Firefox 3 のリリースを記念し、日本でのダウンロード状況をオンラインの地図上で可視化するインタラクティブなコンテンツ「Firefox の灯 (ともしび)」を公開。東京で行った Firefox 3 のリリース記念パーティーでは、可視化に加え、音色として可聴化させたインスタレーション「灯の音 (ともしびのね)」を慶応技術大学筧研究室の協力のもと発表。

2009 年 〜 Firefox 学生マーケティング

有志の学生メンバーを中心に、Firefox を学生の間に広げる「Firefox 学生マーケティング」チームを結成。学生向けの無料ノート配布キャンペーンやアドオンパックの開発、サークル紹介チラシ制作キャンペーンなど学生による学生のための広報活動を実施。

2012 年 Mozilla Vision 2012

「オープンって何?」をテーマにした 2 日間の大型イベント。ウェブ技術からモノづくり、教育をテーマにオープンを考えるカンファレンスの他、世界ひとつしかない自分だけのブラウザー作りやプログラミングを学ぶワークショップなど、子供から大人までオープンを体験する様々な参加型プログラムを実施。

2012 年 ~ Mozilla Factory

オープンを軸としたモノづくりを学び実践する場として、Mozilla Japan が中心となり開始したコミュニティベースの活動。専門家、大学生、そして中高生達が一緒になってモノづくりのプロジェクトを立ち上げ活動することで、そのプロセスの中から気づきや学びを得て、皆でイノベーションの種を作っていこうという各種プロジェクトを実施。

2013 年 〜 スマートフォンやスマートテレビの開発支援

各メーカーが発売を計画するスマートフォンやスマートテレビのウェブプラットフォーム化に際し、ウェブ技術やブラウザーエンジンに関するコンサルティングと実装支援。

2014 年 Mozilla Open Web Day in Tokyo

Mozilla や オープンなウェブ技術に関係する東西さまざまなコミュニティや研究プロジェクトが集結し、その成果の展示・発表を行う収穫祭的なイベントを開催。